/

環境保全へ信金全国組織と環境省が連携 協定を締結

全国35の信用金庫が実行委員となっている「よい仕事おこしフェア実行委員会」(事務局・城南信用金庫)は24日、森・里・川・海の環境保全に取り組む環境省のプロジェクトチームと連携協定を締結した。グリーンファイナンス(環境金融)などを通じた地域社会の発展に向け、協力体制を強化した。

SDGs(持続可能な開発目標)に配慮した事業活動への融資を各信金が積極的に進め、自然環境の保全・再生を目指す同プロジェクトの推進を図る。プロジェクトの活動内容を各地域に紹介して普及啓発にも取り組む。同委員会は「国民全体のプロジェクトとすることを目指す」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン