/

この記事は会員限定です

ドローンで稲作効率化へ「種まき」 土壌測定や種新技術

[有料会員限定]

ドローンを使った稲作の生産性向上へ、福井県で2022年、新たな取り組みが相次いでいる。コメや野菜生産の伊与衛門農園(同県あわら市)は、土壌成分を測定するドローンを企業と共同開発、種の直まきや肥料散布を効率化する手法を始めた。新技術を施した種の直まきで効率化を目指す企業もある。いずれも実証実験だが、苦境にある農業の活性化に挑む。

あわら市の中山間部にある伊与衛門農園の水田。5月中旬に開かれた同農園...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン