/

長野県観光機構、エアビーと協定 民泊で観光振興

長野県観光機構と民泊仲介大手の米エアビーアンドビー日本法人は24日、県内の観光振興や関係人口の創出を目指すパートナーシップ協定を結んだ。新型コロナウイルスの終息後を見越し、民泊を活用して地域のコミュニティと交流する旅行のあり方を推進する。

同日、エアビーアンドビーの公式サイト内に、長野県を紹介する特設サイトを開設した。「長野を暮らすように旅しよう」と題し、風景の美しさや地元の人たちとの交流などを紹介している。インターネット上でセミナーも開催し、若い世代に新しい旅の形を提案する。

民泊で住居を提供するホスト同士の連携も強め、体験型の観光プログラム作りなどを通じて、地域の課題解決にもつなげる。当面は、辰野町など伊那谷エリアでの空き家再生やまちづくり、峰の原高原(須坂市)のペンション再生に重点的に取り組む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン