/

伊予銀行、ビデオ通話で遠隔手続き 新アプリ導入

伊予銀行はアクセンチュアと共同で新たなスマホアプリを開発した

伊予銀行は24日、スマートフォンのビデオ通話で口座開設などの手続きができるアプリを28日から導入すると発表した。ビデオ通話を使って銀行の窓口と同等のサービスをオンラインで提供することで、新型コロナウイルス下で需要が高まっている非対面の需要に応える。同様のサービスの導入は全国でも初めてという。

新たに導入するスマホアプリ「AGENT(エージェント)」はアクセンチュアと共同で開発した。普通預金口座の開設やキャッシュカードの発行の手続きをスマホ上のビデオ通話で完結できる。今後も残高照会や相続手続きなど対応するサービスを増やしていく方針だ。

受付時間は平日の午前9時から午後3時。満18歳以上が利用でき、本人確認のために運転免許証の提示が必要になる。サービス開始時の対応機種は米アップルの「iPhone」のみで、アンドロイド端末には2022年3月頃に対応する予定だという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン