/

東京都、初のオミクロン型市中感染を確認

(更新)

東京都の小池百合子知事は24日、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の市中感染が都内で確認されたと発表した。同日に新型コロナ感染者4人がオミクロン型と判明し、うち1人は海外渡航歴がなく感染経路も不明という。都内の医療機関に勤める50歳代の男性医師で、都内の病院に入院している。

小池氏は「市中感染とみられる。検査体制を強化し、早期の診療や隔離につなげることが改めて重要だ」と述べた。家族と勤務先の従業員に合わせて5人の濃厚接触者がおり、PCR検査の結果は全員陰性という。都は勤務先の医療機関の受診者に濃厚接触者はいないと説明しているが、約80人の受診者に検査を呼びかけている。

オミクロン型と判明した残る3人には海外渡航歴がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン