/

愛媛銀行と愛媛県医師会、医業承継で連携協定

愛媛銀行と愛媛県医師会は24日、医業承継に関する連携協定を結んだ。両者が後継者を探している医師と開業しようとしている医師の情報を共有して橋渡し役を担う。愛媛県内では医師の高齢化が深刻で、円滑な承継を後押しして地域の医療体制の維持をめざす。県医師会が金融機関と協定を結ぶのは初めて。

愛媛銀が事業承継やファイナンスなどのノウハウを生かして円滑な承継を支援する。地方銀行では地域の人口減少に伴う店舗の統廃合が進んでおり、将来は愛媛銀の空き店舗の貸し出しなども視野に入れる。

県内では医師の高齢化が進む。県医師会には閉業を考えている医師からの相談も増えているといい、村上博会長は「地域の医療や住民を守る大切な役割がある」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン