/

この記事は会員限定です

カメヤ食品、欧米でワサビ製品を販売 

地域発世界へ 静岡県

[有料会員限定]

静岡県を一大産地とするワサビ。加工品の製造販売を手掛けるカメヤ食品(静岡県清水町)は欧米の需要を開拓し、輸出額は2年間で2倍に膨らんだ。海外のバイヤーを国内の自社農園に招いて生産工程を紹介、信頼関係を構築することで販路を広げている。現地の食文化にも合うように改良した商品で市場への浸透を目指す。

米国の家庭雑貨店に、パッケージに「カメヤ」と書かれたチューブ入りワサビやワサビ味のふりかけ、ドレッシン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン