/

伝統の埼玉・川越まつり、10月に3年ぶり開催決定

埼玉県川越市は24日、豪華な山車が街を巡る10月の「川越まつり」を2019年以来3年ぶりに開催すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により20、21年は中止した。370年以上の歴史があり、約90万人を集めていた地域を代表するイベントの再開は、来街者の減少で苦境が続く観光関係者にも明るい話題だ。

川越市や川越商工会議所、観光関係者などでつくる主催者の川越まつり協賛会(会長・川合善明川越市長)が同日の理事会で22年度の事業計画や予算を承認。10月15、16日の2日間にわたりまつりを開くと決めた。市によると、開催の規模や感染対策などの詳細は今後の感染状況などを見極めながら決めるという。

川越まつりは蔵造りの街並みで知られる観光地川越を代表する伝統行事であり、16年にはユネスコの無形文化遺産に登録された。コロナ拡大前の19年には2日間で88万人の観光客が訪れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン