/

この記事は会員限定です

さいたま市長選、SNS活用広がる 投票率は30%切り最低

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で選挙活動が制約を強いられ、さいたま市長選では両陣営ともSNS(交流サイト)を駆使して有権者にアピールした。動画投稿サイト「ユーチューブ」や対話アプリ「LINE」などを積極的に活用した。一方、候補者数が2人に限られ、現職は事実上の与野党相乗りで選挙戦は盛り上がりを欠いた。

選挙中も同市に「まん延防止等重点措置」が適用されるなか、集会を避けるなど従来と異なる手法を模索した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン