/

東京の「第5波」コロナ死者、8割がワクチン未接種

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
東京都が開いた新型コロナウイルスのモニタリング会議(24日、都庁)

東京都が24日開いた新型コロナウイルスの感染状況を評価するモニタリング会議で、感染拡大「第5波」で東京都内で亡くなった人の約8割がワクチン未接種者だったことが報告された。東京感染症対策センター(東京iCDC)専門家ボードの賀来満夫座長は「ワクチン接種により死亡を抑える効果があると考えられる」と述べた。

8月1日から9月20日までに死亡した484人のうち、接種歴が確認できる412人を分析したところ、325人(79%)が未接種だった。1回のみ接種した人が38人(9%)で、2回の接種を終えた人が49人(12%)だった。2回接種した死亡者のうち、糖尿病などの基礎疾患のあった患者が45人を占めた。ワクチンを接種していても、基礎疾患を持つ感染者は死亡リスクが比較的高いことが読み取れる。

年代別では、60歳以上が303人と全体の7割強を占めた。

9月22日時点の都内の新規感染者数(7日間平均)は約572人と、第5波ピークの8月19日時点(約4702人)の1割強にまで減少した。東京都医学総合研究所の西田淳志・社会健康医学研究センター長は24日の会議で、感染リスクの高い夜間の繁華街に滞留する人のうち、ワクチン未接種者がお盆前後から急速に減少したことが、新規感染者の抑制につながったとの見方を示した。

22日時点の入院患者は2046人で、前週比で1051人減った。病床使用率も前週から16ポイント低下し、31%まで改善した。ただ、重症者用病床の使用率は52%で、国の指標で最も深刻なステージ4(50%以上)を脱していない。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン