/

この記事は会員限定です

林業再生へ異業種連携 福島・南会津の「きとね」

東北6県 気になる現場

[有料会員限定]

町の面積の9割超を森林が占める福島県南会津町が林業の振興拠点「みなみあいづ森と木の情報・活動ステーション きとね」を開設した。町産木材のPR拠点として活用するほか、木材を使った商品を扱う企業などが入居し、新商品や新事業立ち上げを狙う。この林業版インキュベーション施設は町の将来にも影響を及ぼしそうだ。

「新しい形の森林ツアーはできないか」「(チップにされることが多い)広葉樹の新たな使い道はないか」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り923文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン