/

この記事は会員限定です

蔵王温泉、ワーケーション需要など見込み大規模改修

東奔北走

[有料会員限定]

山形県を代表する観光地・蔵王温泉(山形市)で宿泊施設などのリノベーション事業が本格化している。客室をワーケーション仕様に改修したり、グランピング場を設けたりするなど、観光庁の助成などを活用し、延べ約70件を改修する。蔵王温泉観光協会の伊藤八右衛門会長は「課題だった夏の誘客増に向け、地域一丸で新しい蔵王に生まれ変わる」と意気込む。

蔵王四季のホテルは10月、20~30畳の大型の和室5室をワーケーシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1211文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません