/

福島県、郡山市の飲食店に時短営業要請 26日から

記者会見で郡山市の感染状況を説明する福島県の内堀知事(24日、県庁)

福島県は24日、新型コロナウイルスの感染が拡大している郡山市で、酒類を提供したり接待を伴ったりする飲食店に営業時間の短縮を要請すると発表した。26日~8月15日に午後8時から翌日午前5時の営業自粛を求める。酒類提供は午後7時までとする。市民には不要不急の外出自粛を求める。

同市は県中央部にある人口30万人規模の商業都市で、首都圏との人の往来も多い。市内の直近3日間の感染事例のうち半分近くが飲食に起因し、病床も逼迫しつつあることから「早めに強い手立てを打ち、早期に沈静化させたい」(内堀雅雄知事)。

要請に応じる店には売上高に応じた協力金を払う。中小企業は1日当たり2万5000円~7万5000円、大企業は最大で同20万円とする。24日から前倒しで時短する場合も支給する。市内約1450店が対象となる見通し。県内では南相馬市で7月末まで、同内容の時短を要請している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン