/

この記事は会員限定です

空き家率、石川・長野・福井で改善 街おこしに店へ改修

データで読む地域再生

[有料会員限定]

2018年の住宅に占める空き家の割合(空き家率)を都道府県別にみると、石川、長野、福井の3県で前回調査(13年)より改善した。北信越では大雪によって老朽化した空き家が倒壊する危険性も高い。適切な管理や撤去を呼び掛ける一方で、地域活性化の取り組みに活用する動きも進んでいる。

データで読む地域再生

北信越で最も空き家率が高かったのは長野県で、19.6%と全都道府県で3番目だった。別荘は統計上空き家とカウントされるため、軽井...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン