/

この記事は会員限定です

新潟県の花角知事「脱炭素社会へ、地域資源フル活用」

展望2022

[有料会員限定]

新潟県の花角英世知事は日本経済新聞のインタビューで、環境省が1月25日に募集を始める脱炭素を実現するために優先的に予算を配分する先行地域に応募する考えを表明した。脱炭素社会への転換を進めるため「地域資源をフル活用する」と語った。新潟経済や県政について聞いた。

――脱炭素にどう取り組みますか。

「新潟が持つ地域資源をフル活用し、脱炭素電源づくりを進める。2021年9月に国から洋上風力発電の有望な区...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1795文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン