/

この記事は会員限定です

関東の老朽水道更新 東京はデジタル技術で効率化

データで読む地域再生 関東・山梨

[有料会員限定]

関東地方でも老朽水道管の更新は焦眉の急だ。福島県沖で16日発生した地震では、広い範囲で大きな揺れを観測。水道管耐震化の必要性が改めてクローズアップされた。料金値上げやデジタル化による省力化で水道事業の経営体力を高め、「減災」を目指す取り組みが急ピッチで進む。

つくばエクスプレスで東京都心から約40分。茨城県つくばみらい市では、アクセスの良さから人口増が続く。給水人口も増えているが、市の予測では2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1648文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン