/

この記事は会員限定です

筑波大、ウクライナ人学生50人受け入れ 国立大で最多

[有料会員限定]

筑波大学(茨城県つくば市)は、ロシアの軍事侵攻で苦境に立つウクライナから学生を受け入れる。人数は50人で「国立大学では最多」(太田圭副学長)。長引く紛争で学びの場を失った学生の学修・研究活動を支援する。

第1弾として、協定校のキーウ国立大など11大学に在籍する83人の申請者から学士課程学生20人を受け入れた。2023年3月末までに受け入れ人数を上積みし、特別聴講学生30人、研究生20人の合計50...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り231文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン