/

この記事は会員限定です

土木管理総合試験所、北海道に研究所 道路や橋を再現

信越企業 攻めの一手

[有料会員限定]

地質・土質調査の土木管理総合試験所は4月、北海道苫小牧市で「ジオロボティクス研究所」を開業した。広大な土地を生かし、都心では整備が難しい大規模な設備を整えた。実際に検査する道路や橋の環境の再現により、レーダーを使った高精度な検査技術を開発する狙いだ。

同社は地中の様子を調べるレーダーを使って得たデータをAIなどで分析し、道路の劣化具合を検査する技術を研究している。インフラの老朽化が進むなか、人手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン