/

この記事は会員限定です

水道電子メーター、都内14地域で先行導入 24年度までに

[有料会員限定]

東京都は自動で検針できる電子式の水道メーター「スマートメーター」を2024年度までに都内14地域に先行導入する。霞が関周辺や立川市の一部の一般住宅やオフィス、店舗などに計12万6千個を入れる計画だ。検針作業の効率化などの効果をみながら、都内全戸への全面導入を目指す。

他の地域は中央区晴海や世田谷区上用賀・桜丘、青梅市など。建て替え期を迎えた都営住宅などにも順次導入する。都によるとスマートメーターの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン