/

公立小松大学、実験用の人工降雪装置 大学院生が開発

公立小松大学(石川県小松市)の大学院生が中心となり、実験用の人工降雪装置を開発した。学内にある零下20度の低温室で、純度の高い冷たい水を空気と混ぜて噴霧し、凍らせる仕組みで、1時間に1~2キログラムほどの雪を製造できる。スキー用品などの研究に必要な雪を使った実験に活用する。

生産システム科学部の香川博之教授の指導のもと、大学院1年生の山崎裕矢さんと竹内迪哉さんが開発した。幅2.5メートル、奥行き3.6メートルの低温実験室を活用した。小さい粒の水を吹き付ける際、空気を振動させて刺激を与えるなどの工夫をしたという。

スキーやスノーボードの研究には、雪面の摩擦などを分析することが重要になる。実験室に雪の斜面をつくるため、多量の雪が必要となる。新しい装置では、実験に適した大きさや形が均一のものができるという。

香川教授は「スキー場には人工降雪装置があるが、実験室で使うことができるコンパクトな装置はない」と話す。雪を多く使う実験をする場合、スキー場に出向くなど手間がかかっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません