/

この記事は会員限定です

「GABA」5~6倍のトマト苗配布 筑波大発新興

ゲノム編集技術で開発、5月から

[有料会員限定]

筑波大学発のスタートアップ、サナテックシード(東京・港)は23日、遺伝子を効率よく改変するゲノム編集技術で開発した機能性成分「GABA(ギャバ)」を多く含むトマトの苗を5月中旬から配布すると発表した。GABAは血圧上昇を抑える働きやリラックス効果があるとされる。ゲノム編集トマトの含有量は通常のトマトの5~6倍。健康に配慮する消費者の需要を開拓する。

ゲノム編集トマト「シシリアンルージュハイギャバ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン