/

山梨中央銀行と静岡銀行、20億円の事業承継ファンド

山梨中央銀行静岡銀行は31日、地域企業の事業承継や事業の再構築を支援する「静岡・山梨アライアンスファンド」を共同で設立する。ファンドの総額は20億円。両行の事業承継に関する知見を共有し、地域企業の支援体制を強化するという。

愛称は「静岡・山梨みらい成長支援ファンド」。山梨中銀、静岡銀、静銀経営コンサルティング(静岡市)が有限責任組合員として出資し、静岡キャピタル(同)が無限責任組合員の出資者としてファンド運営を手掛ける。

投資対象は、後継者不在で事業承継のニーズがある中小企業や、新分野開拓といった事業の再構築に取り組む中小企業など、事業承継や事業継続に課題を抱える取引先。1件当たりの投資額は6億円を上限とする。

両行はこれまでも地域企業の事業承継などを支援してきたが、地域企業の多様化・複雑化する経営課題への支援体制を強化するため、「静岡・山梨アライアンス」の一環として、投資先のガバナンス強化が可能な事業承継ファンドを設立することで合意した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン