/

川崎市、3回目接種前倒し 大規模接種会場も設置

川崎市は23日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を年内に高齢者施設で実施すると発表した。厚生労働省が医療従事者と高齢者施設への入所者・従事者らへの追加接種を2カ月前倒しして開始できると通知したのを受け、接種時期を早める。

年内に3、4カ所の高齢者施設で3回目の巡回接種を始め、順次、進めていく。それ以外の65歳以上の高齢者については2022年1月までは2回目接種から8カ月以上、2月以降は7カ月以上間隔が空けば接種が可能となる。1月25日から接種予約を受け付ける。2月1日から日本生命川崎ビル(川崎区)にモデルナ社製ワクチンを接種する大規模接種会場を設け、週6日対応する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン