/

栃木銀行、人材マッチング強化へ専門機関と連携

栃木銀行は企業間の社員の出向や転籍支援に関して、公的機関の産業雇用安定センター栃木事務所(宇都宮市)と連携協定を結んだ。栃木銀は有料職業紹介事業は手掛けているが、出向や転籍に関する支援はできなかった。雇用維持が難しくなった企業から人手不足に悩む企業などの相談も受け付け、同事務所につなぐなどして企業の人材面での課題に幅広く対応する。

同事務所は社員の出向・転籍マッチングを希望する企業向けの情報提供や、その後のアドバイスなどを無料で実施しており、金融機関との連携は初めて。栃木銀の担当者は「コロナ禍で人材の需給が二極化するなか、出向などの形で雇用を守る提案もできるようになった」としている。

栃木銀はまた、人材サービス大手のランスタッドとも業務提携した。ランスタッドの強みとする、事務や技術系の中間管理層の人材紹介を手厚くし、顧客企業の幅広い人材ニーズに対応する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン