/

この記事は会員限定です

横浜中華街がデジタル集客強化 来店頻度や客単価向上

[有料会員限定]

横浜中華街(横浜市)はデジタル技術を活用した集客を強化する。無料通話アプリ「LINE」を活用した中華街全体の電子ポイントカードや、食べ比べなどに使える電子チケットを新たに導入する。新型コロナウイルスなどの影響で低下した客単価を引き上げたり、常連客の来店頻度を高めたりするほか、利用履歴を販促に生かす。

6月、中華街の飲食店などで構成する横浜中華街発展会協同組合(同市)がLINEを用いた共通のポイント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り783文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン