/

この記事は会員限定です

広島県オフィス誘致、過去最高の45件 視察費9割補助も

[有料会員限定]

広島県内にオフィスを設ける企業が増えている。県のまとめでは2021年度の新設件数は過去最高の45件となり、新型コロナウイルス禍前の3倍に膨らんだ。県は3月から視察費の9割を補助する制度を開始。デジタルやIT(情報技術)系企業を誘致してイノベーションを起こそうと、県は太っ腹な支援でさらなる誘致を狙う。

「この景色は最高ですね」「オフィスとしても普通に使えるね」。6月中旬、広島市のキャンプ場、湯来交...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン