/

静岡市の日本平動物園、レッサーパンダの赤ちゃん誕生

日本平動物園(静岡市)で誕生したレッサーパンダの赤ちゃん

日本平動物園(静岡市)でレッサーパンダの赤ちゃんが誕生した。同園が繁殖に成功するのは2年ぶり。性別はオス。野生の環境に近い暗い木箱で飼育している。順調に成長すれば11月ごろに一般公開する予定だ。公開にあわせて名前を公募する。

同園は遺伝的な多様性を保つため、国内のレッサーパンダの家系図を作り血統管理や繁殖の計画をたてる国内唯一の動物園だ。静岡市は「レッサーパンダの聖地」としてアピールするため、2018年度から画像共有アプリ「インスタグラム」などを通じて情報を発信してきた。愛らしい姿に癒やしを求める人が多く、20年度はインスタグラムのフォロワー数が2000人ほど増えた。

同園に勤務する獣医は「レッサーパンダは絶滅の危機にある。(赤ちゃんの誕生を)レッサーパンダを取り巻く環境を考えるきっかけにしてほしい」と話している。同園は静岡県内の緊急事態宣言発令を受け9月12日まで休業している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン