/

東京都、国際展開力強化で「戦略プロジェクト」方針

東京都は23日、国際的な存在感を高めるための「国際都市戦略プロジェクト」推進方針をまとめたと発表した。東京五輪・パラリンピックの開催で培ったレガシー(遺産)や脱炭素化、デジタルトランスフォーメーション(DX)といった潮流を踏まえ、国際社会への発信、海外との連携、人材育成などにつながる事業に取り組むという。

策定した方針では、東京が目指す姿を社会構造の変化に機敏に対応する都市と設定。今後の国際施策のなかで「伝える」「つながる」「育てる」の3つの視点で事業に取り組み、2030年に向けて国際展開力の向上を図るとしている。

方針は都が五輪開催の決定を受けて14年度にまとめた「都市外交基本戦略」をベースに、専門家の知見を踏まえて策定した。経済分野では世界のビジネス拠点の形成や都内企業の海外展開支援、グローバル化に対応した人材育成などを盛り込んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン