/

横浜銀行、京急と三浦半島地域活性化で提携

横浜銀行は23日、京浜急行電鉄と神奈川県三浦半島の地域活性化でパートナーシップ提携を結んだと発表した。これまで観光振興など事業ごとに連携していたが、地場産品の販路拡大やスタートアップの誘致、地域企業の事業承継など包括的に連携する。

まず2社はクックパッドと連携し、生鮮食品の電子商取引(EC)サービス「クックパッドマート」を活用。京急線駅構内や横浜銀行支店内に宅配ボックスを設置するほか、生産者をクックパッドに紹介して販路拡大につなげる。3社で新商品の開発や6次産業化など生産者の事業拡大も支援する。

今後はリモートワーク施設や滞在型観光の拠点整備、観光客を三浦半島内に回遊させるなど半島内の人の流れを最適化する「スマートシティー」の実現に向け、連携を強化する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン