/

この記事は会員限定です

高齢独居、山形が対策先行 3世代同居補助が寄与

データで読む地域再生

(更新) [有料会員限定]

地域で高齢の「おひとりさま」が増えている。体調変化への対応が遅れるだけでなく、特殊詐欺被害やゴミ屋敷、空き家増といったリスクを高める側面もあるだけに、自治体は3世代同居を促したり婚活を支援したりと、知恵を絞る。都道府県間の独居率の差は最大14ポイント。少子高齢化に歯止めがかからない中、安心・安全な地域づくりに向けて、先進地の取り組みを探った。

国勢調査によると65歳以上が1人で住む割合(高齢独居...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン