/

この記事は会員限定です

浜松のパイフォト、ニッチな需要を照らす機器開発

地域のチカラ スタートアップ

[有料会員限定]

光学機器の新興メーカー、パイフォトニクス(浜松市)。数々のノーベル賞受賞に貢献してきた浜松ホトニクスの出身である池田貴裕代表が創業した。経営の規模はまだ小さいが、売上高営業利益率は10%台後半と稼ぐ力は極めて高い。その高収益の裏には独自性の高い製品を数々とつくり出す池田氏の巧みな経営がある。

2020年秋、浜松市内の中心街。池田氏はムクドリが集まりやすい街路樹に発光ダイオード(LED)機器で光をあてて追い払える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り909文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン