/

この記事は会員限定です

人口急減の高知県北川村、特産ユズに村の存続託す

[有料会員限定]

高知県北川村は特産ユズのブランディングに乗り出す。約20年使ってきた村のキャッチコピーを見直すほか、村産ユズの特性をアピールするため官能試験などを実施する。企業と連携し商品開発や全国販売も行う。国内ユズ生産の5割を占める高知で栽培の歴史が最も古いとされるが、知名度は高くない。ユズを軸に村のイメージ向上を図り、急速に進む人口減のなか、村の存続を目指す。

村のホームページなどで使っているキャッチコピ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン