/

この記事は会員限定です

22年の中国地方、広島・岡山で大型施設相次ぐ

[有料会員限定]

2022年は広島市と岡山市で大型施設の完成や着工が相次ぐ。1月26日に起工式を予定している広島市中心部の新サッカースタジアムは広島再開発の目玉事業だ。サンフレッチェ広島の本拠地となり、町ににぎわいをもたらす拠点として期待される。先行して開発が進むJR広島駅前では、8月末に広島東郵便局跡地に19階建てのビルが完成する予定だ。

岡山でも両備グループが手掛ける中心部の再開発「杜の街グレース」の商業棟が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り379文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン