/

浜松商議所、同族経営の研究会 承継を支援

浜松商工会議所は、ファミリービジネス(同族経営)である会員企業が同族に経営を引き継いで経営を持続できるよう支援するため、「浜松ファミリービジネス研究会」を立ち上げた。研究会の事業の期間は2022年3月末まで。

第1弾としてファミリービジネスのコンサルティングを手掛けるV字経営研究所(岐阜市)の酒井英之代表を講師に招き、記念講演会を開く。9月16日にオンライン方式で開催する。

その後は、経営承継を実際に体験した会員企業の経営者を講師に招き、事例を学べる機会を提供。講師との質疑応答や承継の準備段階に入った人同士の議論を通じて、気づきを得てもらう。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン