/

この記事は会員限定です

青森・十三湖のシジミ食害防げ ドローンでカモ撃退実験

[有料会員限定]

青森県の十三湖でシジミ漁を行う十三漁業協同組合(五所川原市)は23日、カモによるシジミ食害を防ぐ対策研究会を発足した。ドローン(小型無人機)を生育場の上空を巡回させて追い払う実証実験を進めていく。これまで猟友会に駆除を依頼してきたが、機器の活用で効率化を図り被害を抑える。

23日に発足した「十三湖鳥獣被害対策研究会」には、ドローン普及を手掛けるシンクタンク、青い森地域総合研究所(青森市)など同漁協...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン