/

この記事は会員限定です

地域水産資源の利用、企業と高校連携 道の駅に直販店も

[有料会員限定]

新潟県立海洋高等学校(糸魚川市)が地元の水産加工業者と連携し、海産物の製造販売などの担い手を育成している。高校生に地域産業を体験してもらうことで興味を持ってもらい、従事者確保など水産業や地域の活性化につなげる。2022年春には道の駅「マリンドリーム能生」に海産物の直売店を出店する計画もある。

「財務相の祖父も活躍された海洋高の活動を地域振興につなげたい」。11月27日、糸魚川市での車座対話に出席し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1166文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン