/

福井県議会、40年超原発再稼働に事実上の同意

福井県議会は23日の臨時本会議で、運転開始から40年を超える県内の3基の原子力発電所の再稼働を巡り、「原子力政策の方向性」や「運転終了後も見据えた地域の将来像」などを明確化するよう国に求める意見書を賛成多数で可決した。40年超原発の再稼働が前提とみられ、事実上の県議会同意となる。

杉本達治知事は閉会後、記者団の取材に「一定程度前向きな考えを示された。重く受け止めたい」と発言。自らの同意判断については「確認すべきことは煮詰まっている。時間をかけることはない」と語った。

杉本知事は24日に高浜原子力発電所1、2号機(福井県高浜町)、美浜原発3号機(同美浜町)を視察する。近く梶山弘志経済産業相と関西電力の森本孝社長と面談して国や事業者の姿勢を確認し、最終判断するとみられる。

すでに原発が立地する高浜町、美浜町は同意を表明しており、知事が同意すれば40年超原発について「最長で延長20年」のルールができてから初めて地元同意が完了する。県議会自民党の仲倉典克会長は21日に開催された全員協議会で「知事の判断を尊重する」と表明していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン