/

光や音量抑える「クワイエットアワー」埼玉で試験導入

埼玉県は、県が管理運営する娯楽施設や集客施設などで、通常よりも照明の明るさや音量などを抑える営業時間「クワイエットアワー」の導入に向けた検討を始めた。光や音が苦手な知覚過敏者に配慮し、誰でも施設が楽しめる環境を整える狙いがある。

県は6月中旬、県北部の羽生市にあるさいたま水族館で初めてクワイエットアワーを試行。知覚過敏の子どもや保護者、障害児通所支援施設の職員など約30人が館内を見学した。入り口の照明の明るさを通常よりも4割程度暗くしたほか、スポットライトの角度を変えたり、外したりしたりした。

館内放送やBGMも流さないか、音量を抑えることで、光や音に反応してしまう子どもたちに配慮した。万が一子どもがパニックになったときのため、落ち着けるようなスペースも用意した。参加者からは「子どもが安心して見学できた」など好意的な声が寄せられたという。

県障害者福祉推進課の担当者は「今回の試行を踏まえて各施設にクワイエットアワーを設ける場合の課題などを検証し、導入の可否を検討したい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

SDGs

SDGsは「Sustainable Development Goals」の頭文字をとった略語で、国連サミットで2015年9月、全会一致で採択された世界共通の行動目標。国や民間企業の取り組みに関する記事をお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン