/

高知のユズの香り アウトドア用ぬれタオル 三昭紙業

発売した「キャンプウエットタオル」

ティッシュペーパーや不織布を製造する三昭紙業(高知県土佐市)は、アウトドア向けのウエットタオルシートを開発し、高知県内で発売した。高知市の中山間地域である土佐山で採れるユズの皮から抽出した精油を配合。ユズの爽やかな香りを楽しんでもらう。

商品名は「キャンプウエットタオル」(1枚1パックで3パック入り)で参考価格400円。首に掛けることができるようにするため、縦30センチ・横50センチの大判サイズにした。ユズ精油のほか、仁淀川の伏流水を使用して繊維を絡めた独自の3層構造で、しっかりした厚さと柔らかな肌触りを実現したという。

グループ会社、三彩(同市)のホームページで販売しており今後、県内のホームセンターなどでも取り扱う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン