/

この記事は会員限定です

川崎市、返礼品発掘で地場産品育成 なお市税は流出

News潜望展望

[有料会員限定]

川崎市がふるさと納税の返礼品拡充を打ち出して3年目になる。市民が別の自治体にふるさと納税するために市税が大幅に流出する状況を打開しようと、市が巻き返しを図った格好だが、依然として流出超過は止まらない。それでも、地元の中小企業にとっては取扱商品が返礼品となることで顧客層が広がり、販路開拓につながるなど一定の経済効果が生まれている。

川崎市は2022年度のふるさと納税で、市税の流出額が97億円となる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1202文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン