/

この記事は会員限定です

敦賀港湾計画を改訂へ 福井県、コンテナ拡大・効率化

敦賀港 北前船、現代に(下)

[有料会員限定]

敦賀港(福井県敦賀市)では港湾計画の16年ぶりの改訂が大詰めを迎えている。港湾施設の大幅拡充や、同港鞠山南地区へのコンテナ集中など配置見直しによる荷役の効率化を目指す。福井県は日本海側物流の拠点化と並行して海外航路をテコ入れしようとしており、長期的に見込まれる貨物量の増大に対応する。

福井県は2021年3月、「敦賀港長期構想」をまとめた。この中で貨物の保管用地が不足・分散し荷役が非効率になっている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1159文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン