/

星野リゾート、福井県と宿泊施設整備で協定 複数検討

星野リゾート(長野県軽井沢町)は23日、福井県とリゾートホテルの整備運営に関する協定を結んだ。県の観光振興政策と連携し、宿泊施設の企画・開発へ協働する。今後、福井県内の複数箇所での施設整備運営を検討するとしている。2024年春に北陸新幹線の敦賀延伸開業を予定するなか、観光資源を持続的に活用するリゾート事業の立ち上げをめざす。

同社は石川県の2施設を含め国内外58施設を運営する。福井県では子会社を代表とする企業グループが、県立恐竜博物館(勝山市)のある「かつやま恐竜の森(長尾山総合公園)」で滞在型リゾートを再整備・運営する事業者として21年に選ばれている。25年春以降に開業の予定だ。

同事業を含め県内複数箇所で宿泊施設を整備する意向を持つ。勝山以外の具体的な立地や施設、時期は未定で、協定締結をもって検討に着手するとしている。福井県は協定に基づく事業に、21年度に新設した企業誘致補助金を適用する予定。県によると観光事業者として初の適用案件になる見込みという。

県庁で同日、協定締結後に開いた記者会見で、星野佳路代表は「新幹線への対応が大事で、良い影響ばかりとは限らない。観光業は20年、30年先の集客を考える必要がある」「もう一つはインバウンド。世界にいかにアピールしていくかが重要」とし、「期待に応えられるよう努力していきたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン