/

まん延防止 石川県全域に、飲食店時短要請へ

石川県は新型コロナウイルスの感染拡大を受け「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請した。政府は25日にも決定する見通しだ。県は適用地域を県内全域とし、飲食店への営業時間の短縮要請などの対応を予定している。

23日の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で決定した。病床使用率が30%台に上昇し、医療提供体制の負荷がさらに増大する恐れがある。谷本正憲知事は「病床使用率50%が視野に入ることになったこと、教育機関を中心とした社会機能の維持に影響が生じ始めた」と話した。

県は重点措置が適用された段階で、飲食店への時短要請や大規模集客施設で入場者が密集しないような整理・誘導を要請する。さらに観光支援策の「県民旅行割」は事業停止、お得な食事券「GoToイートプレミアム」については販売を停止する考えだ。

石川県への重点措置の適用は2021年8、9月以来、3回目。県は過去2回について金沢市を適用地域にしたが、変異型「オミクロン型」の感染力の強さなどを踏まえ、今回は県全域を対象にする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン