/

この記事は会員限定です

茨城の農業、異業種が耕す スポーツや福祉・建設など

[有料会員限定]

全国3位の農業産出額を誇る茨城県でスポーツや福祉、建設など異業種の農業参入が広がってきた。サッカーJ2の水戸ホーリーホックは城里町でニンニク栽培を開始。障害者支援などを手掛けるアドバンフォースグループ(ひたちなか市)は笠間市でクリ生産を始めた。耕作放棄地などの課題解決を後押ししつつ新たな収益源に育てる。

水戸ホーリーホックは農業プロジェクト「GRASS ROOTS FARM(グラスルーツファーム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン