/

両毛システムズ、群馬大学と共同研究契約を締結

ソフトウエア開発の両毛システムズは、群馬大学と自律走行搬送ロボット(AMR)の制御に関する共同研究契約を締結した。複数の人とロボットが作業をする倉庫などでの業務において、適切なロボット台数や作業人数などを予測するシミュレーションの研究を行い、省人化を図る。

複数台のAMRを効率よく動作させる「群制御システム」を共同で研究する。シミュレーションをすることで、適切なロボット台数や作業人数のほか、出荷にかかる作業時間やAMRシステムの投資効果を事前に判断することが可能になるという。

両毛システムズによれば、AMRの導入は作業者の移動距離短縮や作業人員の削減などの効率化につながる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン