/

この記事は会員限定です

交通弱者の「生活の足」守れ 千葉郊外で取り組み活発化

潜望展望

[有料会員限定]

バスやタクシーの縮小・撤退が増える千葉県内の交通空白地帯で、交通弱者の生活の足を確保・向上させる取り組みが活発になっている。従来と比べて安価に、早く目的の場所へ移動できる例もあり、利用者は少しずつ増えそうだ。ただ、これまで住民の足を担ってきた地元の交通事業者にとっては脅威となりかねないだけに、定着には共存に向けた議論が不可欠になる。

千葉トヨタ自動車(千葉市)は4月、千葉県鴨川市の内陸部で乗り合い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン