/

経済2団体「適切な補償を」 緊急事態巡り小池知事に要望

(更新)
小池知事と経団連の古賀審議員会議長はオンラインで会談した(23日、都庁)

経団連の古賀信行審議員会議長と東京商工会議所の三村明夫会頭は23日、東京都の小池百合子知事とそれぞれオンラインで会談した。緊急事態宣言下で営業の縮小を要請される事業者に対する適切な補償を求めた。

同日午前に会談した三村氏は「宣言は経済や企業に重大な影響を及ぼす」とし「事業規模や業種に応じた適切な補償など、事業継続や雇用維持を支えるため迅速かつきめ細かな支援をお願いしたい」と要望した。夕方に会談した古賀氏は「補償はきちんと対応してほしい。短期集中でなるべく(宣言は)短期間で終わって次の正常化に向けた動きになってほしい」と述べた。

小池氏は人出の抑制に向けてテレワークの徹底や大型連休の谷間の平日での有給休暇の取得促進などを呼びかけた。古賀氏は「まとめて休む機運を醸成するなど、有給を取っていくチャンスだと思うのでぜひ呼びかけたい」と応じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン