/

この記事は会員限定です

山形県尾花沢市、学生の自力通学へ無料バス 

[有料会員限定]

「開校して34年。悲願のバスが走り始めた。もう吹雪の日も雪だるまにならなくて済みますよ」。山形県立北村山高校(同県尾花沢市)の大内郭嘉校長は、集まった生徒たちにそう呼びかけた。JR大石田駅(大石田町)から同校に通う生徒と、尾花沢市内から同駅を使って山形市などの高校に通う生徒のために、尾花沢市は1日、無料バスの運行を始めた。

山形県では朝日町が町民の通勤・通学のために山形市に直行するバスを片道500...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン