/

この記事は会員限定です

公共交通、年50回の利用を 富山県が脱炭素へ欧州流

[有料会員限定]

富山県が2024年度から5年間の地域交通戦略に、欧州流のSUMP(サンプ)と呼ばれる都市交通計画の要素を取り入れる。民間事業者任せにせずに様々なセクターが協力し、住民も公共交通を利用して脱炭素や渋滞緩和に貢献することが求められる。21年度の実績比で約4割多い年50回の利用が目標だ。車に依存する住民の理解を得て、協力してもらえるかがカギになる。

「ウェルビーイング(心身の健康や幸福)の向上をもたら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1294文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません