/

この記事は会員限定です

山形の「食の力コーポ」、植物肉総菜に進出

[有料会員限定]

海鮮飲食店などを展開する食の力コーポレーション(山形県新庄市)は大豆由来の「植物肉」を使った総菜事業に進出した。植物肉に山形県産牛のうまみ成分を加えてハンバーグなどを開発、総菜や弁当として販売する。世界的な食糧危機が懸念される中「食の力で世界を変えていく」(福原和輝社長)との経営理念に基づき、2023年には植物肉そのものの生産・販売にも乗り出す。

開発した「GRANDE(グランデ)ミート」は、植...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り981文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン